大人も注意!感染症「ヘルパンギーナ」の特徴って?症状の対処法や原因

スポンサーリンク




pronica

夏になると子どもを中心に患者数が増える感染症が、「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」などの疾患です。

これらは「子どもの三大夏風邪」と呼ばれたりもしますが、大人が感染するケースも。

例年6月から8月にかけてそれぞれの流行がピークを迎えるヘルパンギーナの特長や注意点を確認し、事前の感染対策にしっかりと備えましょう。

1 ヘルパンギーナってなに?

ヘルパンギーナとは、6月から初夏にかけて流行し、子供や乳幼児に多く見られる夏風邪の代表的なウイルス性の感染症のことをさします。

いわゆる「夏風邪」と呼ばれる疾患です。

主に「コクサッキーウイルスA群」が原因ですが、ウイルスのタイプが複数存在します。そのため何度もかかってしまうことも。

まれに大人も発症します。

2 ヘルパンギーナの発症時期とその特徴

季節や時期的な特徴として、毎年6月下旬あたりから8月中にかけて流行する特徴を持ちます。

ヘルパンギーナを発症すると、非常に高い高熱を突然発症するケースも多いのも特徴と言えます。

夏場になって突然前触れもなく高熱を発症するようなケースでは、ヘルパンギーナを発症している可能性も検討する必要があります。

2-1 ヘルパンギーナの症状特徴

症状としては、口内に水泡や水ぶくれ、口蓋垂に炎症症状が確認されるようになります。

喉に強い痛みを伴うようになります。

結果として、食べ物を摂取する際や水分や唾を飲み込むことが困難になり、よだれが多くなったり嘔吐しやすくなったり、脱水症状になったりすることがあります。

さらに39~40℃の高熱が突然出ます。

2-2 ヘルパンギーナの潜伏期間

一般的な潜伏期間は、3〜6日と言われています。

39℃以上の熱が1〜3日つづくと同時に、前述の口内の炎症症状などが発生。水疱は2〜3日でつぶれて黄色い潰瘍になります。

高熱から「熱成痙攣」を起こすことも。

スポンサーリンク

3 ヘルパンギーナにかかってしまった時の対処法

出典:http://www.glencook.org/entry4.html

当記事の公開時点(2017年9月)ではヘルパンギーナに対する特効薬はありませんが、口内炎に対して鎮痛解熱薬で痛みを和らげたり、粘膜保護剤の軟膏などが処方されることがあります。

喉に痛みがあるので、オレンジジュースなどのような刺激のあるものは避け、のどごしの良い少し冷たい飲みもの(麦茶や牛乳、冷めたスープなど)がおすすめです。

食べものは、刺激が少なくかまずに飲み込めるものにしましょう。例えば、ゼリーやプリン、冷めたおじや、豆腐などが挙げられます。

3-1 合併症の可能性も

ヘルパンギーナは、まれに「無菌性髄膜炎」「急性心筋炎」などを合併するケースも。

症状が1週間以上たっても改善しないときや、他に症状が確認できるような場合には再度医療機関へ相談しましょう。

4 子供がヘルパンギーナにかかってしまったら

患者の9割は5歳以下。さらにその中でも1歳が多く罹患しています。

乳幼児限定の感染症ではないので、大人が感染しないわけではありません。

子供よりも感染しにくいものの、疲れやストレスで体力、免疫力が下がっているときは大人でも感染しやすくなります。

ヘルパンギーナは、特異的な治療法や予防ワクチンがないので、「対症療法」になります。(対症療法は、病原に対する根本的な治療をおこなうのではなく、出た症状に対して緩和させたり消失させたりする療法のことをさします。)

医療機関で診てもらい、しっかりと診断、処置をしてもらいましょう。

4-1 まずは小児科へ!

ヘルパンギーナは、耳鼻科や皮膚科、内科、口腔外科で診てもらうことができます。

ただし、子供の場合は体の特性もあるので、より適切な処置ができるよう小児科を受診することをおすすめします。

4-2 保育園・幼稚園への登校日の目安

熱が下がって口の中の水泡や潰瘍がなくなり、感染前と同じように普通の食事がしっかりとれることが登園の目安に。

ヘンペルギーナは感染症ではあるものの、おたふくやはしかのように「学校長の判断によって出席停止の扱いをするもの」とはなりませんので、登園基準が存在しません。

心配な場合は、症状が治まったあとで医療機関で相談してから登園してください。

5 大人がヘルパンギーナにかかってしまったら

患者の年齢分布を見ても、大人の場合ヘルパンギーナにはほとんどかかることがないと考えられています。

子供の方が免疫力は低いので、ヘルパンギーナに感染しやすいのです。

しかし大人が感染した場合は症状が重症化するといわれています。

感染といっても、大人が直接ヘルパンギーナの主な原因となっているコクサッキーウィルスに感染
するわけではありません。

子供がすでにヘルパンギーナに感染しており、その看病を大人がしているうちに自分も感染してしまうという二次感染のケースがほとんどです。

6 ヘルパンギーナの感染経路を知り、しっかりと感染対策を!

出典:https://sk-imedia.com/rota-5274.html

感染予防は日頃から行うことが大切です。

ウイルスによって感染する病気なので、インフルエンザや風邪予防と同じような対策が重要です。

実は感染経路は手足口病とほぼ同じ。

主な感染経路は、くしゃみなどの際に出る飛沫によって感染する「飛沫感染」と、舐めて唾液や鼻水がついたおもちゃの貸し借りなど、手が触れることで感染する「接触感染」、糞便から排出されたウイルスにより口を通して感染する「糞口感染」が主な原因です。

また、回復後も口(呼吸器)から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排出されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がります。

  • こまめな手洗いや消毒
  • 咳やくしゃみをする時には口と鼻をティッシュ等で覆う、もしくはマスクをする
  • 集団生活ではタオルの共用を避ける
  • おむつ交換を注意深く行う

などの対策が重要です。

7 ヘルパンギーナの原因になるウィルス

ヘルパンギーナは前術の通り、ウイルスを感染源とするウイルス感染症です。

感染原因となる原因ウイルスは、「エンテロウイルス」と呼ばれるウイルス群に属するウイルスです。

尚、ヘルパンギーナはエンテロウイルス群の中でも主に「コクサッキーウイルス」が原因となって発症します。ですが発症原因となるエンテロウイルスは幾つも確認されておりコクサッキーウイルスだけとは限りません。

主なエンテロウイルス群としては、

  • コクサッキーウイルス(A群)
  • コクサッキーウイルス(B群)
  • エコーウイルス
  • エンテロウイルス(68型~72型)

が挙げられます。

ヘルパンギーナの原因であるコクサッキーウイルスとは、ピコルナウイルス科エンテロウイルス属に含まれるウイルスでRNA遺伝子情報を持つウイルスの一種です。

コクサッキーウイルスはA群(CA)、B群(CB)に分類されますが、ヘルパンギーナや同様の夏風邪症状をもたらす手足口病などの原因ウイルスは主にA型コクサッキーウイルスです。

ヘルパンギーナはウイルスを感染源とするウイルス感染症。2次感染に対してもしっかりと注意が必要です。

まとめ

子供だけでなく大人も感染する可能性もあるヘルパンギーナ。

特徴は、

  • 潜伏期間は、3〜6日
  • 突然の発熱(1〜3日継続)
  • のどの強い痛み、のどの発疹・水疱
  • 飲食を受けつけずに、「脱水」になる可能性
  • 高熱から、「熱性けいれん」を起こす可能性

対処法としては、

  • こまめな手洗いや消毒
  • 咳やくしゃみをする時には口と鼻をティッシュ等で覆う、もしくはマスクをする
  • 集団生活ではタオルの共用を避ける
  • おむつ交換を注意深く行う

などの感染対策の徹底を意識してください。

スポンサーリンク

驚異の消臭機能。ライフスタイルを変える「PRONICA」シリーズ

PRONICA それはあなたのライフスタイルに変革をもたらす消臭プロダクト

圧倒的な消臭機能でケアシーンを支える「Cleryve」シリーズ

Cleryve 介護の現場を圧倒的な機能性と安全性で支える介護用品ブランド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です