顔面神経麻痺ってどんな病気?原因や対策、完治について

スポンサーリンク




pronica

私たちが何気なく日常生活を送る中で、病気というものは悲しいかな重い軽いに関わらず付きまとってきてしまうのです。

できれば一生病気になんてなりたくないし、健康で毎日過ごしていけるのに越したことはないのですが、数え切れないくらい多くの疾患と関わることは避けられないのです。

ニュースや自身の経験から耳にするものからこんな病気があるの?というものまで数多くの病気がある中で、今回ご紹介するのは「顔面神経麻痺」という病気です。

顔面神経麻痺とはどんな病気なのか?

原因や治療法、後遺症など気になることについて触れていきたいと思います!

画像出典:http://the-slowlife.net/facial-paralysis-heart-3792.html

1 顔面神経麻痺とはどんな病気か?

画像出典:http://ayami1275.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

それではまず、顔面神経麻痺とはどんな病気なのかというところから触れていきます。

1-1 症状

顔面神経麻痺とは、名称の通り顔面筋の麻痺によって起こるもので、片方の顔面に症状が現れます。

具体的な症状を挙げると、

  • 額にシワが寄せられない
  • 味覚に異常が出る
  • 眼を閉じられない
  • 口角が垂れ下がって唾液が溢れる
  • 口笛が吹けなくなる
  • 麻痺している方の聴覚が過敏になる
  • 触られても感覚がない
  • 顔が歪む
  • 頬を膨らませられなくなる

などといった症状があります。

老若男女問わずに発症するものなのでいつ誰が発症してもおかしくはないのです。

1-2 ベル麻痺って?

顔面神経麻痺のことを調べていると必ずといっていいほど目にするのが「ベル麻痺」という言葉です。

では、ベル麻痺とはどんなものなのでしょうか?

その話をする前に、顔面神経麻痺にも分類があることからお話ししなくてはなりません。

顔面神経麻痺には、原因がはっきりとしている「症候性顔面神経麻痺」と、これといった原因が明確になっていない「特発性顔面神経麻痺」とで分けられています。

この特発性に分類される顔面神経麻痺のことをベル麻痺というのです。

具体的な原因こそはっきりしていないものの、近年ではこれが原因ではないか?と言われるものも出てきているので次の節にてお話ししましょう。

2 何が原因なのか?

画像出典:http://byoukishoujou.com/2016/06/ganmensinkeimahi/

では、先ほど触れた症候性顔面神経麻痺と特発性顔面神経麻痺とでそれぞれの原因について触れていきましょう。

2-1 症候性顔面神経麻痺

症候性の原因とされているのは、主にヘルペスウィルスによる感染症によって発症するものとされています。

風邪を引いた時や治りかけなどに口の周りに水ぶくれのようなものができたことがある方も多くいると思いますが、こういった口唇ヘルペスがよく見られる方に突然発症するのが症候性の特徴です。

また、脳梗塞や脳出血によって併発する顔面神経麻痺もあり、これらは「中枢性顔面神経麻痺」と呼ばれています。

2-2 特発性顔面神経麻痺

先ほど記載したように、はっきりとした原因が明かされていないベル麻痺のようなものを特発性と分類します。

考えられている原因としては、

  • アレルギー性のもの
  • ウィルス感染
  • ストレス
  • 循環不全
  • 局所浮腫
  • 寒冷暴露

などが挙げられています。

また、ベル麻痺などの顔面神経麻痺は脳などの中枢機関の疾患によって発症する中枢性に対して「末梢性顔面神経麻痺」とも呼ばれています。

スポンサーリンク

3 顔面神経痛を治療、予防するには?

画像出典:https://kango-oshigoto.jp/media/article/1242/

では続いて、顔面神経麻痺の治療法や事前に行える予防法についてお話ししていきます!

3-1 治療法

顔面神経麻痺の治療法として実施されているのは、点滴や内服薬などの手段でホルモン剤を投与する薬物治療がやはりメインになるでしょう。

また、ローラーのようなもので患部に電気を流す治療法や、顔面神経麻痺を司る自律神経の一部である「星状神経節」を一時的に麻痺させて浮き上がらせて栄養注入などを行う「星状神経節ブロック」などの治療法があります。

また、これらの治療で効果が見られない場合には圧迫されている神経を開放するために手術が行われることもあるようです。

どういった治療法を進めていくのかはその時の症状によって医師が判断してくれますので兆候が見えてきた場合にはすぐに診断を受けましょう!

3-2 予防法

予防法に関しては原因と言われているアレルギーやウィルス、ストレスなどに対するケアを日頃から行なっていくのが日常で行える予防法と言えるでしょう。

また、日頃からマッサージを行ったり、循環不全を防ぐために蒸しタオルなどで定期的に顔の筋肉を温めるのも効果があります。

これらの予防法は顔面神経麻痺の再発防止にも効果的なものなので治療が終了した後にも行うことをお勧めします!!

4 完治や後遺症について

画像出典:https://dot.asahi.com/print_image/index.html?photo=2016121600258_1

ここで気になるのは顔面神経麻痺は完治するのか?ということでしょう。

どんな病気にも言えることですが、よくなることと治ることとは少し変わってきますし、やはりなんの後遺症もなく完全に治ることを望むのが当然ですよね?

顔面神経麻痺は、早期で先ほど触れた治療法や予防法をしっかり行えば完治が可能な病気です。

投薬治療後もマッサージや電気治療などを行うことで短期間で完治させられます。

ですが、重度の場合や治療が遅れてしまった場合にはやはり完治は難しく、後遺症が残ってしまうこともあります。

顔面神経麻痺の後遺症として見られるのが、

  • 顔に痺れが出る
  • 食事中に涙が出る
  • 目と口が同時に開く
  • 麻痺していた頃の状態が癖になり、ふとした時に片側だけが動いていないことがある

などといったことが挙げられますので、後遺症を防ぐためにも発症時の対応をしっかり行う必要があります。

まとめ

画像出典:http://www.xn--m9j511jg9bwred62d.com/3088.html

今回は自立神経の病気のひとつ、顔面神経麻痺について触れてきましたがいかがでしたでしょうか?

同じ神経の病気でも痛みの走る「三叉神経痛」などとは異なり、どちらかといえば痛みはあまりなく、日常生活に違和感を感じるような症状が特徴なのが顔面神経麻痺です。

早期で治療を行えば症状は改善に向かいますし、難病ということでもありませんがもちろん油断大敵なので症状が見えてきたらすぐに病院にいきましょうね!

また、入院などで集中的に治療を行えばより早く改善するといったケースもありますので、症状の現れ方や治療法などに準じて発症後の過ごし方を医師と相談していきましょう。

今回の内容が皆様にとって顔面神経麻痺について知るきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク

驚異の消臭機能。ライフスタイルを変える「PRONICA」シリーズ

PRONICA それはあなたのライフスタイルに変革をもたらす消臭プロダクト

圧倒的な消臭機能でケアシーンを支える「Cleryve」シリーズ

Cleryve 介護の現場を圧倒的な機能性と安全性で支える介護用品ブランド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です